インプラントとは

インプラント(歯科)とは骨の中に金属などを埋め込むことをいい、人工歯根といったほうがわかりやすいかもしれません。

材料は、1965年にスウェーデンの学者が開発したチタン製が使われています。

チタンは骨と結合するという特質をもっているためらです。

インプラント治療には基本的にパーツを埋め込むときと、取り付けるときの2回の手術が必要となります。



インプラントという歯科の治療法が日本に入ってきて20年以上になり、一般の方にも知られるようになりました。

インプラントとは英語でしっかり差し込むという意味で、歯科用インプラントとは人工歯根のことです。

インプラントでは歯根を再現します。顎の骨に埋め込まれたインプラントは、平均6〜12週間の治療後、骨にしっかり結合します。



インプラント治療は一般の人に広く知られる様になってきましたが、歯科では「インプラント」というと「人口歯根」そのものをいいます。

虫歯や歯周病で無くなった歯根の代わりに人口の歯根を骨に埋め込むことで噛み合わせを回復させる方法なのです。

インプラントの治療を受ける場合は、インプラントに対する正しい知識を持って、信頼できる歯科技師を選びましょう。



インプラント(歯科)とは、人工歯根のことで、天然歯根の代用として、この人工歯根を顎の骨に埋め込み、そこに人工の歯を取り付けるという治療法です。

現在使われている歯科用インプラントの多くはチタンで出来ています。

チタンは長年の臨床研究の結果、歯肉や骨と相性が良く、顎の骨にしっかり結合することが証明されています。

インプラントが、顎の骨にしっかり固定されることで、噛み心地も天然歯に近くなり、異物感や発音の違和感もなくなります。



インプラントとは人工歯根療法とも呼ばれる治療法のことです。

人工の歯根を顎の骨に埋め込み、そこに人工の歯を取り付けることにより、天然歯とほぼ同じ状態に回復する治療法なのです。

入れ歯やブリッジとは違い、違和感や異物感にがなく、しっかり噛めて、自然で美しい「歯」を手に入れることができます。

人工歯根の材料には、チタンが使用されます。チタンは金属でありながら、骨と直接、結合する特徴を持っているのです。

また、チタンは、これまで金属アレルギーの報告がない材料としても有名です。



インプラント治療のためのアシスタントワークとメインテナンス新装版

第1部 総論(歯科インプラント治療の現状/インプラント治療の流れ/インプラント治療とプラークコントロール)/

第2部 各論(インプラント治療における歯科衛生士の役割と業務/歯科衛生士としての患者さんへのインフォームド・コンセント/インプラント手術における清潔域と不潔域、手術室の準備/バイタルサインの測定 ほか)



インプラントの歴史

失った歯を材料で補う治療法は古くから行われてきた。上顎骨に鉄製のインプラントが埋まった紀元2世紀から3世紀の古代ローマ時代の人骨が発見されており、このことはすでにインプラント治療が行われていたことを示している。

日本においても16世紀の木製の総義歯が残っており、すり減り具合からこの義歯が長年使用したことが推測されている。


 1952年スウェーデンのプローネマルクによって、チタンが骨と結合することが発見され、しっかりと骨に結合するインプラント治療が可能になった。

動物実験を経て、1962年から人間にインプラント治療が行われるようになった。

その後、骨再生誘導療法などが開発され、歯槽骨の再生により、多くの患者に適合するインプラント治療が可能になった。

インプラント治療のメリット

ブリッジや入れ歯などの従来の治療とインプラント治療を比べてみてインプラントの良い点は、噛む力が天然の歯の80%位まで回復して違和感はほとんどないことです。

天然歯のように見えますので、見た目がきれいです。

インプラントはアゴの骨に埋め込んでいるので隣の歯を削って支える必要はありません。


ただし、インプラント治療は手術が必要になります。

健康保険が適用されませんので、自由診療となります。



インプラントの利点は、歯がなくなったことによる食べ物の制限や不便、不満、不快感などのさまざまな問題を解決します。

人工の歯がしっかり固定されるため、入れ歯のときの「すべり」や「ずれ」がなくなります。

噛む機能が回復し天然の歯とほとんど同じくなるので、食事を楽しむことが出来るようになります。

インプラントは仕上がりが天然の歯と区別がつかないほど自然です。手入れが簡単で済みます。


インプラント治療のメリットは、

インプラントは、

●天然の歯とほとんど同じ感覚で使用することができます。

●インプラントは外見が自然な歯とほとんど同じです。

●噛む機能が回復するので、食べものの制限が無くなり、豊かな食生活を楽しむことができるようになります。

●インプラントを固定源にすることで、入れ歯の場合でも、しっかりと固定され、普通の入れ歯のように、ズレたり、食べ物が挟まって痛い思いをすることがなくなります。

見た目は自分の歯とほとんど同じくらい、キレイに仕上がります。

インプラントが顎の骨に力を加えるため、アゴの骨がやせるのを防ぎます。インプラントのリスクとしては下顎骨にインプラントを埋入する場合、下顎の下の方を走行している神経をドリルで傷つけると麻痺が出たりしまので、技術が確かな歯科技工士を見つけましょう。

上顎奥歯の部分は骨が薄く、難しい場合があります。

ではインプラント治療がなぜよいのか?

それは、インプラント治療が可能である場合は、現在の歯科治療のなかでは最善(コストは別として)の方法といわれています。

その一番の理由は、失われた歯根まで回復できる唯一の方法だからです。

入れ歯では、どんなに良く出来たものでも天然の歯の3分の1程度の噛む力しかありませんが、インプラントなら噛む力は天然歯と同じくらいに回復します。

アゴの骨に埋まったインプラントが骨としっかり結合しているためです。

インプラント治療の進め方

インプラント治療を行う場合には、まず口の中の健康状態を診査してインプラント治療が可能かどうかを判断します。

その後、治療計画を立てます。

インプラントの手術は一般的に、局所麻酔で行われます。

また、入院の必要はありません。

手術時間は1〜2時間くらいですが、症例によってはもっと時間がかかる場合もあります。

手術後、インプラントと顎の骨がしっかりと結合する期間が必要で、普通、下アゴで3ヶ月、上アゴで6ヶ月程度必要です。

インプラントの治療後も適切な手入れと3ヶ月〜6ヶ月に一回の定期健診が大事です。



標準的なインプラントの治療は、最初に問診によりだいたいの健康状態把握し、必要であれば内科的な検査を受けます。

治療期間の目安は普通で上顎で6ヶ月、下顎で3〜4ヶ月くらいです。インプラントを埋めるときは通常の歯科の麻酔を行いますが、ほとんど痛みはありません。

中には「痛み止めは必要なかった」と言う患者もいて痛みはほとんどありません。

インプラントを埋めたあと、前歯など外から見えるところは仮歯を入れます。

その後、3ヶ月から4ヶ月の期間をおきインプラントが骨に完全になじみ、固定するのを待って正式に人工の歯を入れます。


インプラント治療の進め方は、問診などの後、綿密な治療計画を立てます。手術は局部麻酔で行われます。

顎の骨に、インプラント埋入用の小さな穴を開け、そこにチタンのインプラントを埋め込みます。

手術は通常は1回法で2時間程度です。

日帰りが可能です。

この後、インプラントと骨が完全に結合するまで、約6〜24週間ほど待ちます。

この期間は通常、インプラントの上に仮歯を入れておくため、日常生活に支障はありません。

手術1回法のインプラントの場合、ここで人工の歯の取り付けが完了します。

手術2回法の場合は、ここでインプラントに歯の台部を接続する2回目の手術を行い、その後3週間から1ヶ月おいてから、歯を取り付けます。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。