インプラント治療の進め方

インプラント治療を行う場合には、まず口の中の健康状態を診査してインプラント治療が可能かどうかを判断します。

その後、治療計画を立てます。

インプラントの手術は一般的に、局所麻酔で行われます。

また、入院の必要はありません。

手術時間は1〜2時間くらいですが、症例によってはもっと時間がかかる場合もあります。

手術後、インプラントと顎の骨がしっかりと結合する期間が必要で、普通、下アゴで3ヶ月、上アゴで6ヶ月程度必要です。

インプラントの治療後も適切な手入れと3ヶ月〜6ヶ月に一回の定期健診が大事です。



標準的なインプラントの治療は、最初に問診によりだいたいの健康状態把握し、必要であれば内科的な検査を受けます。

治療期間の目安は普通で上顎で6ヶ月、下顎で3〜4ヶ月くらいです。インプラントを埋めるときは通常の歯科の麻酔を行いますが、ほとんど痛みはありません。

中には「痛み止めは必要なかった」と言う患者もいて痛みはほとんどありません。

インプラントを埋めたあと、前歯など外から見えるところは仮歯を入れます。

その後、3ヶ月から4ヶ月の期間をおきインプラントが骨に完全になじみ、固定するのを待って正式に人工の歯を入れます。


インプラント治療の進め方は、問診などの後、綿密な治療計画を立てます。手術は局部麻酔で行われます。

顎の骨に、インプラント埋入用の小さな穴を開け、そこにチタンのインプラントを埋め込みます。

手術は通常は1回法で2時間程度です。

日帰りが可能です。

この後、インプラントと骨が完全に結合するまで、約6〜24週間ほど待ちます。

この期間は通常、インプラントの上に仮歯を入れておくため、日常生活に支障はありません。

手術1回法のインプラントの場合、ここで人工の歯の取り付けが完了します。

手術2回法の場合は、ここでインプラントに歯の台部を接続する2回目の手術を行い、その後3週間から1ヶ月おいてから、歯を取り付けます。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。