インプラントとは

インプラント(歯科)とは骨の中に金属などを埋め込むことをいい、人工歯根といったほうがわかりやすいかもしれません。

材料は、1965年にスウェーデンの学者が開発したチタン製が使われています。

チタンは骨と結合するという特質をもっているためらです。

インプラント治療には基本的にパーツを埋め込むときと、取り付けるときの2回の手術が必要となります。



インプラントという歯科の治療法が日本に入ってきて20年以上になり、一般の方にも知られるようになりました。

インプラントとは英語でしっかり差し込むという意味で、歯科用インプラントとは人工歯根のことです。

インプラントでは歯根を再現します。顎の骨に埋め込まれたインプラントは、平均6〜12週間の治療後、骨にしっかり結合します。



インプラント治療は一般の人に広く知られる様になってきましたが、歯科では「インプラント」というと「人口歯根」そのものをいいます。

虫歯や歯周病で無くなった歯根の代わりに人口の歯根を骨に埋め込むことで噛み合わせを回復させる方法なのです。

インプラントの治療を受ける場合は、インプラントに対する正しい知識を持って、信頼できる歯科技師を選びましょう。



インプラント(歯科)とは、人工歯根のことで、天然歯根の代用として、この人工歯根を顎の骨に埋め込み、そこに人工の歯を取り付けるという治療法です。

現在使われている歯科用インプラントの多くはチタンで出来ています。

チタンは長年の臨床研究の結果、歯肉や骨と相性が良く、顎の骨にしっかり結合することが証明されています。

インプラントが、顎の骨にしっかり固定されることで、噛み心地も天然歯に近くなり、異物感や発音の違和感もなくなります。



インプラントとは人工歯根療法とも呼ばれる治療法のことです。

人工の歯根を顎の骨に埋め込み、そこに人工の歯を取り付けることにより、天然歯とほぼ同じ状態に回復する治療法なのです。

入れ歯やブリッジとは違い、違和感や異物感にがなく、しっかり噛めて、自然で美しい「歯」を手に入れることができます。

人工歯根の材料には、チタンが使用されます。チタンは金属でありながら、骨と直接、結合する特徴を持っているのです。

また、チタンは、これまで金属アレルギーの報告がない材料としても有名です。



インプラント治療のためのアシスタントワークとメインテナンス新装版

第1部 総論(歯科インプラント治療の現状/インプラント治療の流れ/インプラント治療とプラークコントロール)/

第2部 各論(インプラント治療における歯科衛生士の役割と業務/歯科衛生士としての患者さんへのインフォームド・コンセント/インプラント手術における清潔域と不潔域、手術室の準備/バイタルサインの測定 ほか)



広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。